子供,自転車,ペダルなし,補助輪つき

子供用自転車はペダルなし?それとも補助輪付?メリットとデメリット

子供,自転車,ペダルなし,補助輪つき

子供が乗る自転車は最近はいろいろなものが出てますね。お店で見ているといろいろ迷ってしまいます。 特に最近はやっているのが、ペダルなしの足でこぐタイプの自転車です。ストライダーとかゴーライダーとか いう名前で、なんだかかっこいいです。 一方で伝統的な補助輪付自転車というのももちろんあります。 私が子供のころはペダルなしの自転車なんてなく、私も補助輪で自転車を楽しんでから補助輪を外して 乗っていました。 保守的な私としては自分が経験したことのある補助輪付のものがいいかなと思っていたのですが、 ペダルなしの自転車にも補助輪付自転車にもそれぞれメリット・デメリットがあるようです。 それぞれについてご紹介しますね。 ペダルなし自転車のメリット  ・自転車に乗れるようになるのが早くなる  ・バランス感覚が鍛えられる  ・手に力のない子供でも足でブレーキがかけられる  ・補助輪を外す手間がない デメリット  ・坂になるとスピードが出すぎて危ない  ・自転車に移行するときに買換えないといけない  ・ヘルメットを必ず着用  ・公道は原則禁止 補助輪付自転車のメリット  ・補助輪を外せば普通の自転車として使える  ・公道も走れる  ・ブレーキがついているので、ブレーキの練習になる  ・あまり倒れることがない デメリット  ・補助輪を外したときに子供が怖がる  ・補助輪を外しても乗れるようになるために時間がかかり、練習しないといけない  ・他の子がストライダーを使っていたら、そっちが良く見えてしまうかも   以上がそれぞれのメリットデメリットになると思います。 安く済ませたい人は最初から補助輪付自転車を買った方がいいかもしれませんね。 また、ストライダーでスピードが出すぎて、事故にあった子供のニュースもちらほら聞こえてきます。 必ず、公園などの広いところで乗せるようにする必要があるので、そういう危険性が嫌であれば、 補助輪付自転車は良い選択肢になるのではないかと思います。 一方で、子供のバランス力を育てたり、子供が自分でできるという感覚を身につけてほしいので あれば、ストライダーが良いかもしれません。自転車は必ず公園や広いところで乗せる、ヘルメットを かぶせるようにする、ということが守れるのであればストライダーでもいいですね。 以上のようなことをいろいろ考えて、うちではペダルなし自転車を買いました。 金銭面でいうと、安いものであれば数千円で手に入るので、自転車を買い替えてもそれほど変わりはないかなと 思いました。自転車にも高いのもあれば安いのもあるので、それほど大きな違いではないように思いました。 子供には自分でできるぞという達成感のようなものを少しずつ身につけていってほしいと思っています。 ただ心配なのは、スピードの出すぎによる怪我です。ですので、公園に移動するまでは、必ず押して歩く、ヘルメットは ちゃんと被るということを徹底しています。

関連記事
保育園で子供が泣くとき
抱っこは何歳まで?
おむつ外れは何歳?
子供の自転車

Copyright © 子育ての悩みに直面した時の我が家の解決策 All rights reserved